最短で免許を取得する3つのポイント

短期間で運転免許を取得する方法

早く取得するならこれを選択!

運転免許はAT・MTどちらが多い?

運転免許を取得する際にAT・MTを選択しますが、これらには何の違いがあるのでしょうか。まずATはオートマチックの略語です。ATはAT限定になるので、MTに比べると教習必須講習が短いのが特徴です。MTはマニュアルの略でATに比べると手動で切り替えが多く、車の細部までコントロール出来るのが魅力です。

仮免であればATは12時限・MTは15時限必要です。仮免合格後は技能講習にも差が生じるので出来る限り早く免許を取りたい、且つこだわりが少ない方はATがおすすめです。

ちなみにデータによるとMT取得数に関しては緩やかに低下していて、車にこだわらない方が増えている事が分かります。早く免許取得をする事に重きを置くのであればAT免許にメリットが多いです。

どうしてもMTを取得したい場合は?

ATも良いけれど車に対してこだわりがある、またはMT以外ありえないという場合は最短でどの程度かかるのでしょうか。通常のスピードで教習所に通う場合は約1ヶ月程度ですが、専門コースで毎日、日中の間詰め込めば最短15日で取得出来ます。但しこれは仮免、本免を一度で合格する事が条件です。

また技能教習に関しては1日に受けられる時間が決まっていて仮免前までは1日2時限、合格後は1日3時限です。それ以上受ける事が出来ないので気をつけて下さい。MTに限った事ではありませんが、公安委員会に認められている教習所であれば学科試験のみで実技試験は免除されるケースもあります。

運転免許交付の際も混雑を避けて、空いている時間帯や曜日を選択するのも賢い方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る